草むしり便利情報辞典

草むしりに関する便利なグッズややり方、除草剤、服装、業者などを続々ご紹介していきたいと思います

草むしりが必要となる時期はいつなのでしょうか?
イメージとしてはやはり暖かくなる時期にぐんぐんと成長し、夏のあたりがピークとなる印象があります
夏に草むしりをしようとしても日差しが強く、紫外線の問題や熱射病の危険性すらあります

実は雑草にも種類があり、生える時期やタイプが異なってきますからそれぞれ適した草むしりの時期というものがありますから、一概にも夏が草むしりのシーズンとも言い切れません

雑草には2タイプあり、「一年生雑草」と「多年生雑草」とにわかれ、一年生雑草は毎年毎年、新しい種から発芽して成長し、一定期間が過ぎると枯れて根っこごとなくなってしまいます
多年生雑草も同じく種から発芽して成長し、枯れてしまうのは一緒ですが、地下の根っこ部分が残っており、翌年にはまたその根っこから地面へと姿を現すものですから、根っこを駆除しない限りは毎年毎年その場所から生えてきてしまうこととなります
タンポポやわらび、ススキ、シロツメグサなどがこの多年生雑草であり、確かによく公園などでみると毎年同じ場所に生えているような記憶があります

一年生雑草にはさらに2種類あり、春に発芽するものと、秋に発芽するものとに分かれます
それぞれ、発芽したばかりの早めの時期、小さいうちに草むしりをすれば簡単に抜くことができます

雑草のほとんどは多年生雑草のほうであり、その結果、根っこをなくさなければ草むしりしても毎年毎年その場所から生えてきてしまうことになります
この根っこごと引き抜かなければいけないので、一年生雑草に比べて草むしりの作業としては難しいのものです

このように雑草といってもその種類によって草むしりしやすい時期、草むしりすべき時期がバラバラで、さらに雑草のほとんどが根っこごと抜かなければまた生えてきてしまうわけです
闇雲に草むしりしているだけでは延々とこの作業の繰り返しとなってしいます

草むしりの量が少なければ、自分で根っこまで気にしながら引き抜くことができるとは思いますが、広範囲に渡ってとなるとなかなかの重労働です
また、草むしりとなると汚い場所で汚れながら行う作業であり、さらに低い位置に屈んで行う為に身体への負担も大きい重労働です

今まで毎年、草むしりに労力をかけてきてしまった人も、この草の種類と時期のバラツキをみればなかなかの重労働をこれからも延々と続けなければならない事実がおわかりいただけたと思います

時間と体力が有り余っている方ならどうぞとオススメしますが、現代では草むしり代行業者という強い存在がいます
草むしり代行にお願いすれば、お任せするだけで除草され、定期的に草むしりを格安で請け負ってくれる業者さんもでてきました
さらにはもうほとんど雑草が生えてこないような施工を行ってくれる業者さんもありますから便利ですよね

頻繁に草むしりをするのは面倒ではありませんか?

いちいち低い姿勢になるまで身体を屈めたりして、思ったより力がいる作業ですし、土や泥などで汚れてしまう作業ですし、
害虫による攻撃だったり草で手を切ってしまったりと身体へのダメージも全くないわけではありません
何より、この作業が頻繁に行う必要があるというだけで無駄な時間を過ごしていると感じてしまう人も少なくないでしょう

草むしりをしても、また一定期間が経過すればまた同じように草が生えてしまい、また同じような労力をかけて草むしりをしなければいけません


そんな時に便利なのが除草剤です

草むしりをする手間が省けますし、除草剤にもよりますが長い期間、効果がありますからしばらくは草が生えないようにしておくことができます


しかし、除草剤ときくと1番最初に懸念されるのは人体への影響ではないでしょうか

ペットをお庭などで飼われているご家庭であれば、愛するペットへの影響も懸念されると思います
いま販売されている除草剤は、効き目そのままでも身体に優しく改良されているものが多く出回るようになってきました

やはり除草剤ときくと草が一気に枯れてしまいますから人体にも影響があるのではないかとイメージされてしまうことは少なくないでしょう

また、枯葉剤のイメージを持っている人も多いと思います
昔、ベトナムなどでも有名な戦争では枯葉剤をつかった攻撃を行われ、その時に使われたダイオキシンが入った枯葉剤から未だに後遺症をもって苦しんでいらっしゃる方もいらっしゃる状況です
そしてその苦しみは当時の親から新たに生まれた子どもたちへも影響が及び、奇形児や知的障害などをもった子どもたちが生まれ、下半身がつながった双子のベトちゃんドクちゃんは世界的にも有名となり、枯葉剤のもたらしたダメージを広く知らされることとなりました



現在ではそのような悪影響のあるものはほぼ出回っておらず、各社ともに人体への影響もきちんと考慮した上で開発した製品を販売してします

しかし、除草剤の性質上、人体に全く影響がないとは言い切れないでしょう

ご家庭で使用される際には必ず屋外でのみ使用し、ペットやお子さんの誤飲を防ぐよう気にかけながら、手袋やマスクと長袖の着用を徹底して肌などに触れないように細心の注意をはらいましょう

↑このページのトップヘ